官民連携事業研究所

2020年05月29日ニュース

【コロナ対策】ネクストイノベーションと宮崎県延岡市が連携協定。産婦人科の医療崩壊を防止するため妊婦の方々や思春期の女性へ向けた無料リモート相談をスタート

女性向けオンライン診察サービス「スマルナ」を運営するネクストイノベーション(大阪市北区、代表:石井健一)と宮崎県延岡市による実証実験「妊婦及び思春期の女性向け無料リモート相談試行事業に関する連携協定」のコーディネートをさせていただきました。本事業は延岡市の新型コロナウイルス感染症対策「延岡市独自の第2次緊急対策・感染防止対策」の一環として、2020年5月28日より相談受付がスタートしています。ネクストイノベーション社の知見や技術を活かし、看護師・助産師・薬剤師による妊婦の方向けのコロナウィルスに関する相談サービスや、性の悩みを持つ思春期の女性の方向けの相談サービスをリモートで実施するものです。

▼ネクストイノベーションHP
https://nextinnovation-inc.co.jp/
▼延岡市HP
http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/display.php?cont=200508110440

延岡市と官民連携事業研究所は、本年4月に官民連携事業の促進に関して連携協定を締結しています。官民連携事業研究所は、まちづくりや社会課題の解決に資する企業が輝き、地域の発展を目指し、これからも各地の自治体と企業との未来につながるまちづくり事業の推進を目指します。

TOP