官民連携事業研究所

2019年07月31日プレスリリース

官民連携事業研究所、VALT JAPANと業務提携。 障がい者の「仕事&体調」両立システム『NEXT HERO』で 自治体と連携し、障がい者が安心して働ける環境づくりへ

「企業の力を町づくりに活かす」を経営理念とし、日本全国で様々な自治体に政策と融合する事業を紹介する株式会社官民連携事業研究所(大阪府四條畷市、代表取締役社長:鷲見 英利 以下、官民連携事業研究所)は、障がい者の仕事と体調管理の両立支援事業を展開するVALT JAPAN株式会社(東京都中央区、代表取締役:小野 貴也 以下、ヴァルトジャパン)と2019年7月8日付けで業務提携いたしました。

■ 業務提携の概要
障がい者特化型BPO事業及び在宅雇用サポート事業を手掛けるヴァルトジャパンは、現在全国47都道府県に6千人を超える登録者があり、機会不足の解消を通じて数多くの障がい者雇用の活性化を図ってきました。地方の各自治体でも労働力人口の減少を前に、多様な背景を持つ個々人が仕事における自立と成功体験を獲得できる働き方改革の必要性が叫ばれており、障がい者雇用においても、心身の調子に配慮しながら一人ひとりが戦力となり自身の能力を最大限発揮できる体制の整備が必須課題となっています。
今回の提携により、官民連携事業研究所は自治体に対して、ヴァルトジャパンのサービスである仕事と体調の両立支援システム「NEXT HERO」の利活用を促し、障がい者の雇用促進とリテラシー向上、働きやすい労働環境整備を広く地域全体で展開できるよう目指します。
官民連携事業研究所はこれからも、自治体の抱える様々な社会課題について民間企業と連携し、公民それぞれの強みを活かした政策への融合及び事業の展開に取り組んでまいります。

■ 仕事と体調両立支援システム「NEXT HERO」について
ヴァルトジャパンの「NEXT HERO」は、仕事データと体調データを可視化し、支援者と障がい者の共通言語を創出し相互理解を促すプロファイルシステムです。このように、お仕事獲得機能・スキルアップ機能・体調管理機能を通じて、個々のペースに寄り添った働き方の実現へと導きます。「NEXT HERO」は障がい者一人ひとりが仕事も体調管理も叶う、安心して働ける環境づくりを目指します。
*正式リリースは2019年8月頃を予定。
NEXT HERO:https://www.next-hero.tech/

■  VALT JAPAN株式会社 について
所  在  地:〒104-0013 東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル7F
H P:http://valt-japan.com/
NEXT HERO:https://www.next-hero.tech/
代表:代表取締役  小野 貴也
設立:2014年8月1日
事業内容:障がい者特化型BPO事業、障がい者在宅雇用サポート事業、
仕事と体調の両立支援システム「NEXT HERO」運営事業、CSR・CSV推進支援事業

株式会社官民連携事業研究所 について
本社:〒575-0002 大阪府四條畷市岡山1-3-12 上邨ビル2F
H P:https://p4rl.com/
代表:代表取締役社長  鷲見 英利
設立:2018年11月28日
事業内容:日本国内における官民連携事業の推進など

PDF版はこちら

TOP